語学を身につけ観光業界で活躍できる人材になろう

訪日観光客を現在の2倍以上にする事が目標である日本において、必要とされているのは語学力と観光に対する知識!活躍できる業界はホテル以外でも「空港関連施設」、「観光協会」、「日本語教師」など、外国人と接する様々な場所で活躍できます。

中国語・韓国語・英語をマスターしてグローバルに活躍できる!

中国語・韓国語・英語を
マスターしてグローバルに
活躍できる!

2017年訪日観光客2,800万人の中で約半数は中国語圏からの来日者です。次に多いのは韓国、英語は世界各地の国々で使用されています。この3カ国語を「学ぶ」のではなく「慣れる」感覚で勉強します。

フィールドワークで観光資源を学ぼう!

観光プランの作成をし、自ら観光地に赴き、観光資源を学ぶ「フィールドワーク」を取り入れています。企画力・プレゼンテーション能力はもとより、提案力が身に付きます。
観光地を自分達で立てたプランで巡る旅は楽しい!2年次には海外で「フィールドワーク」を実践します。

カリキュラム

中国語会話

中国以外にも台湾や香港で使用されている中国語。外国人観光客の約半数がこの国々からのお客様です。非常にニーズが高く、日本人で習得している人が少ない為、様々な場所で即戦力となれる言語です。

英会話

英語は苦手!と言う人も多いですが、会話中心の学習を経験している人は少ないです。ネイティブスピーカーの先生から学ぶ英語は今までの学習と違って親しみやすい学習です。英語力はどの仕事でも求められ、即戦力間違い無しのスキルです。

韓国語会話

隣国の韓国は、来日外国人観光者が2番目に多い国です。ハングル文字の基礎からしっかり学び、日韓交流事業等にも積極的に参加し応用力をつけます。

観光管理、観光基礎

旅行業、観光業に必要な旅行業法、約款、国内観光実務、国内観光資源について学びます。旅行代理店や地域観光協会等で活躍する為の知識を身につけます。

観光演習

観光プランの作成、実行、検証を学び、実践の場としてフィールドワークを行います。オホーツク圏・北海道内の観光地以外にも学んだ語学力の実践の場として海外でのフィールドワークを行います。

資格取得

国内旅行業務取扱管理者/
地域限定旅行業務取扱管理者 国家資格

旅行業の営業所に最低1名は有資格者が必要な旅行業界に必須の試験です。 旅行業界を目指すなら必ず持っていたい資格になり、採用条件のみならず、入社後の昇進条件になる企業もあります。

北海道観光マスター検定
北見観光マスター検定

北海道や北見の観光資源・観光地理について学びます。「北海道を訪れる観光者を温かく親切にもてなす心、歓待精神を持つ人」を目的に作られた検定試験になり、地元観光業界に就職する際にアピールできる資格です。

日本赤十字救急法救急員

心臓マッサージや人工呼吸、AED (自動体外式除細動器) を用いた除細動などを学びます。また、事故の際の止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識を学び、観光業界のみならず、様々な場所で活用できます。

就職先

※就職先に関しては、後日お知らせいたします。